訪問介護 サービス すみれケア 板橋区39.png

訪問介護 サービス すみれケア 板橋区26.png『すみれケア』の身体介護サービスは、要介護と認定された場合には、区より指定されたケアマネージャーによるケアプランに、要支援と認定された場合には、地域包括センターにて介護予防プランに基づいて、食事や排せつなどの介助サービスです。

介護保険からの給付サービスをご利用の場合には、負担額は基本料金(料金表)の一割となります。但し、介護保険の範囲を超えたサービス利用は全額お客様の負担となります。 

⇒要介護認定の申請から訪問介護サービスご利用までの流れ

 

a.jpg身体介護サービスの内容

食事・水分補給、更衣介助・整容、排泄介助、洗面介助、体位変換、通院の介助、服薬介助、口腔ケア、清拭入浴介助  

 

身体介護サービスの料金

要介護1〜5の

認定を受けた方

時間

一回あたりの利用料
ご負担額(基本料金)

30分未満

287(2,871

30分以上1時間未満

455(4,549

1時間以上1時間30分未満

661(6,609

以後30分ごとに

93(934

要支援1〜2の

認定を受けた方

回数

1か月の利用料
ご負担額(基本料金)

週1回程度

1,380(13,804

週2回程度

2,761(27,609

週2回超
要支援2の方のみ

4,379(43,790

ご利用者お1人様に対し、2名以上のヘルパーが必要な場合には、ご利用代金は基本料金の2倍以上となります。 

 

夜間・早朝時の利用料について
夜間・早朝時には、基本料金が割増となります。
介護保険からの給付サービスをご利用の場合には、負担額は基本料金(料金表)の一割となります。但し、介護保険の範囲を超えたサービス利用は全額お客様の負担となります。

夜間(午後6時〜午後10時まで)

基本料金の1.25倍

早朝(午前6時〜午前8時まで)

基本料金の1.25倍

月あたりのご利用限度額(基準額)
実際の自己負担額は、下記ご利用限度額の1割となりますが、この基準額を超えた費用については全額自己負担となります。

要介護1の方

166,920

要介護2の方

196,160

要介護3の方

269,310

要介護4の方

308,060

要介護5の方

360,650

要支援1の方

50,030

要支援2の方

104,730

 

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | >>

◆すみれケアの訪問介護

1.身体介護サービスについて

2.生活援助サービスについて

3.ご利用までの流れ

4.料金表

 

 


はじめての方でも安心

専門スタッフが親切丁寧にご相談をお受けします

訪問介護 福祉用具45.jpg株式会社チャレンジでは、ケアマネージャーやヘルパーの方々としっかりコミュニケーションをとりながら、あなたの暮らしをサポートします。

介護保険の申請・訪問介護に関するご相談・お問い合わせには、専門スタッフが親切丁寧にご対応いたします。お電話やFAX、または、下記の専用メールフォームをご利用の上、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

お電話・FAXからのご相談・お問い合わせ先】

株式会社チャレンジ

〒174-0051 東京都板橋区小豆沢2-20-4
電話番号:03-5914-6052

FAX番号:03-5392-5052

⇒専用メールフォームからご相談・お問い合わせ(24時間365日受付) 

 


訪問介護 福祉用具 レンタル 住宅改修11.jpg

訪問介護 福祉用具 レンタル 住宅改修2.jpg 訪問介護 福祉用具 レンタル 住宅改修3.jpg 訪問介護 福祉用具 レンタル 住宅改修6.jpg 訪問介護 福祉用具 レンタル 住宅改修4.jpg 訪問介護 福祉用具 レンタル 住宅改修5.jpg
arrow025_05.gif私達の思い arrow025_05.gifすみれケア arrow025_05.gifすまいる先生 arrow025_05.gifさかだち家族 arrow025_05.gif何でも相談
自分らしい「何か」に挑戦して欲しい。そのためにたくさんの「優しさ」をもって支援します。 身体介護・生活援助など、ホームヘルパーがお宅にお伺いして、日常生活のお手伝いをするサービス。介護保険適用 車椅子・歩行器他の福祉用具レンタルや販売。介護保険対象の住宅改修サービス。介護保険適用 アンチエイジング(=歳をとらない)では足りない。「若返り」のための食事や運動の支援。 成年後見・介護保険・遺言・お墓・資産管理など「終活」を整え、さあセカンドライフに挑戦。

■よくある質問Q&A

介護保険について |介護保険サービスの種類について | 訪問介護について | 福祉用具レンタルについて | 住宅改修について

 
        ▲TOPへ戻る